■活動案内■
■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■

脱原発世界会議
1月14日(土)15日(日)二日間にわたり開かれた会議に両日とも出席してきました。

参加人数は、14日(土)6,000名、15日(日)5,500名、他にパレードで5,000名だったと聞いています。

14の会議が同時進行しており、会場から会場に移動するたびに人ごみの中を歩くという感じで、各会場も超満員状態が多かったですが、得るものも多かったです。




昔から知っている加藤登紀子があんなに饒舌だとは知らなかったし、鎌田慧があんなに暗く見える(笑)とは知らなかったが、文章を書く人だな、という印象でした。

山本コウタロー(走れ・走れ・コウタロー)がまだ現役で環境問題に取り組んでいることも知らなかった。

会いたかったこころちゃん(藤波心・・もう私の孫の年代ですね)にも会えたし、制服向上委員会の中学生や高校生の話も聞け、無理やり『ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を歌わされているのではないことも知りました。
(なんとこの歌を歌いだしてから委員会に入ってきた子もいました)

週刊金曜日の重鎮・雨宮処凛も北海道出身・高卒・36歳と言うことも知りました。

飯田哲也さんにも会えたり、手塚治の息子の手塚眞も知りました。

その他多くの団体・個人で全国・全世界各地で運動している人々の顔を見られました。

スウェーデンの電力小売社が120社もあることも知りました。

一番印象に残っているのは、映画「第4の革命エネルギー・デモクラシー」の監督のカールと朝日新聞の伊東千尋氏のトークでした。
カール氏の絶やさない微笑みが魅力的でした。
| http://4choume-harikyuin.com/trustblog/index.php?e=14 |
| 東北被災地支援 | 10:57 PM | comments (x) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑